お知らせnews

読書感想文おすすめの本紹介

おすすめの本のご紹介

2021年07月21日

読書感想文におすすめの本をご紹介します。

小学校5・6年生向けの2作品をご紹介します。

 

1作品目は「 モモ 」 (著)ミヒャエル・エンデ

 

 

この物語は人間なら誰しもが意識する「時間」がテーマになっています。児童文学ですが読んでも面白い作品かもしれません。

 

あらすじは・・・

 

廃墟の円形劇場に住みつく、くしゃくしゃの髪が印象的な年齢不詳の少女モモ。

モモはとても不思議な力を持っています。

モモが何も言わなくても、少女に話した人はみんな気分がよくなってしまうのです。

人々が質問するとあっけらかんと答えてしまいます。なににも惑わされることなく。

ところがある日、「時間貯蓄銀行」から来たという灰色の男たちが現れます。

この男たちのせいで、みんなは時間を節約し始めます。時間の節約のために、面倒を見ていた家族を施設にいれたり、ペットを捨ててしまったり。人生や生活を楽しむことを忘れていくのです。

それに気づいたモモや仲間が、大人に伝えようとするのですが、今度はモモが灰色の男たちに狙われ始めます。

そして「時間」をめぐる、モモと灰色の男たちの戦いが始まるのです。

 

 

2作品目は「 君たちはどう生きるか? 」 (著)吉野源三郎

 

 

「人間らしく生きるにはどうしたらいいのか」というテーマが描かれています。
世の中に悩む人にとって、背中を押してくれる作品です。

主人公の本田潤一は、真面目で友達思いの中学生です。彼のあだ名は「コペル君」といいます。

ある日、コペル君は友達との大事な約束を破ってしまい、その後悔や不安から体調を崩し、学校を数日間休んでしまいます。

そのときに、コペル君は母から一冊のノートを受け取ります。

そのノートは、おじさんがコペル君のために残していたノートで、「立派な人間」になるために必要なことが書かれていました。

このおじさんのノートを通して、色々な事を考えながら成長していくのでした。

おすすめの本のご紹介

2021年07月21日

今回は小学3・4年生向けの本を2作品ご紹介します。

 

1作品目は「 魔女の宅急便 」 (著)角野栄子

 

 

ジブリのアニメ映画で有名な「魔女の宅急便」です。映画もよいのですが、原作を読むのもとても面白いと思います。

 

あらすじは・・・

 

キキのお母さんは魔女、お父さんは普通の人間です。

 

この場合、魔女になることが一般的ですが10歳になると魔女として生きるか、普通の人間として生きるか決めなければいけません。

 

キキは試しにほうきで飛んでみると飛ぶことができたので魔女として生きることにします。

 

魔女として生きると決めたら、13歳の満月の夜に家を出てひとり立ちしなくてはなりません。使える魔法はほうきで空を飛ぶことだけ。たどり着いたコリコの町で、空飛ぶ「宅急便屋さん」をはじめます。

 

新しく出会った人たちによって生まれるキキ自身の変化、人のぬくもり、青春、ちょっと恋愛も。

みんなキキのことを応援したくなる、彼女の成長物語。

 

 

 

 

2作品目は「 窓際のトットちゃん 」 (著)黒柳徹子

 

 

黒柳徹子先生の自伝的物語です。自身が通ったトモエ学園についてのお話です。世界各国で翻訳されている作品です。

 

あらすじは・・・

 

物語の舞台は、1937年に創設された「トモエ学園」。

主人公のトットちゃんは、小学1年生。活発すぎて、以前通っていた小学校を退学になっていました。そして母親が探し出したトモエ学園に転入することになります。トモエ学園は、電車の車両を教室に使っているというユニークなところ。全校生徒は約50人、1年生は9人です。

校長先生の名は、小林宗作。初めて学園を訪れたトットちゃんの話に4時間も耳を傾け、やっと話が終わった時に、「これで、君は、この学校の生徒だよ」と告げます。前の学校で問題児扱いされていたトットちゃんは、生まれてはじめて本当に好きな先生に会えたと思います。

トモエ学園の授業は、子どもたちの興味や個性を尊重したもので、席も時間割も自由です。その日の気分で好きな席に座り、自分のペースで勉強しました。リトミックや校外学習なども積極的に取り入れています。

自由すぎる教育方針には、トットちゃんの両親さえ心配に思うこともありましたが、当の本人は友達とともにのびのびと元気よく育っていったのです。

その一方、世間では戦争が進んでいました。トットちゃんの家の近所に住むお兄さんたちも毎日のように出征し、空にはアメリカの飛行機が現れて、爆弾を落としはじめます。

B29からいくつも焼夷弾が落とされた夜、トモエ学園は焼けました。その様子をじっと見つめていた校長先生は、隣に立つ息子に「おい、今度は、どんな学校、作ろうか?」と声をかけます。彼の子どもに対する愛情と教育への情熱が大きかったことがうかがえます。

その頃、トットちゃんは東北に向かう疎開列車の中。校長先生がいつも言ってくれていた「君は、ほんとうは、いい子なんだよ」という言葉を忘れないと誓い、いつかまた、すぐに校長先生と会える日が来ると、安心して眠りにつくのでした。

 

 

2作品とも心にのこるとてもよい作品だと思います。どちらの作品も映像化もされていますので、本だけでなく楽しめるとおもいます。

 

 

 

 

 

おすすめの本のご紹介

2021年07月19日

今回ご紹介するのは小学生、低学年向けに2作品ご紹介します。

 

1作品目は 「 スイミー 」 (著)レオ・レオニ

 

 

小学校の教科書にも長きにわたり掲載されている作品です。

1963年に発売されて以来、今もなおたくさんの賞賛を受ける人気の作品

 

あらすじは・・・

 

泳ぐのが早かったスイミー。一匹だけ黒い色をした小さな魚。

海の中で仲間と暮らしていたが、ある日、仲間がみんな食べられてしまう。

残ったのはスイミーだけ。

 

ある日、スイミーは岩陰にスイミーによく似た、たくさんの仲間たちを見つけた。

仲間たちは大きな魚が怖くて岩陰から出て自由に泳ぐことができない。

 

スイミーは「みんなで一緒に泳ぎ、大きな魚のふりをして泳ぐ」ことを提案する。

そして真っ黒いスイミーは「ぼくが目になろう。」と。すると全く小さな魚にはみえません。

大きな魚が泳いでいるように見えます。

 

みんなの力が合わさったからです。

 

こうして、スイミーたち小さな魚たちは、岩にかくれることなく、海を泳げるようにりました。大きな魚におびえることはもうありません。

大きな海を、自分たちの好きな海を好きなところを泳ぐことができるようになりました。

 

 

2作品目は「 そらいろのたね 」 (著) なかがわりえこ・おおむらゆりこ

 

 

有名な絵本、「 ぐりとぐら 」を書いた、なかがわりえこ先生・おおむらゆりこ先生のコンビの作品です。仲間や友達をつくる大切さを学べます。

 

あらすじは。

 

男の子のゆうじが、自分のたからものの模型飛行機を、きつねのたからものであるそらいろのたねと取り替える。

 

ゆうじが家の庭にその種をまいて水をやると、翌朝に玩具のような小さな青い家が地面に現れた。ゆうじが「おおきくなあれ」と唱えながらさらに世話をすると家は一回り大きくなり、ひよこがやってきて「ぼくのうちだ」と中に入り込む。家はその後も大きくなり、それにつれて猫や豚、さらにはゆうじの友人たちもやってきて中に入って遊ぶ。家の「成長」は止まらず、やがて街じゅうの子ども、森じゅうの動物がやってくる。

 

すっかり家が大きくなってからきつねが訪れてその姿に驚き、「模型飛行機は返すから、この家を自分に返してほしい」とゆうじに頼む。そして、家は自分のものだからと中にいた子どもや動物を外にだした、家に入って窓や扉の鍵をすべて閉じると家は急に大きくなり、直後に崩れて消え失せてしまった。あとには失神したきつねがのびて横たわっていた。

 

どちらの作品も挿し絵がとてもかわいいので興味を持ちやすいと思います。内容もわかりやすいので、本の選択で悩んでいる場合にはおすすめの作品です。

 

 

 

おすすめの本のご紹介

2021年07月15日

夏休みの課題の中でもなかなか大変なのが読書感想文です・・・

そこで、本日から読書感想文を書くときにおすすめの本をご紹介していこうと思います。

 

今回は、中学生向けの本を2作品ご紹介しよう思います。

 

1作品目は「 バッテリー 」 (著)あさのあつこ

 

 

あさのあつこ先生の代表作のひとつです。

野球に関する話なので野球部はもちろん運動部で活動している人には特におすすめです。

 

あらすじは・・・

 

主人公の原田巧は、自他ともに認める天才ピッチャー。その実力は、全国少年野球地区予選で活躍していることからもよく分かります。生まれ持った才能だけで野球をしているのではなく、どんな日にもランニングを欠かさない努力家の一面も。しかし、プライドが高く自信過剰なため、周囲と衝突することがあります。

そんな巧には、野球に無関心な両親と、体の弱い3つ年下の弟、青波がいます。母親は、体の弱い青波のことを心配していて、野球をやる事にはあまり積極的ではありません。また、父親は巧のポジションが分からないほどの野球音痴です。しかし、弟の青波は兄のように野球をしたいと思っており、巧も青波の真剣な想いを認めています。祖父は地元の新田高校野球部を10回甲子園に出場させた名将です。

原田巧は、引っ越した先で永倉豪と出会います。豪は、巧の投球に惚れこんでおり、巧とバッテリーを組みます。自分の全力投球をキャッチすることができるキャッチャーとの出会となりました。

豪は、明るく真っすぐな性格で病院の一人息子であることから、無理矢理塾に通わされており、両親は野球をすることに積極的ではありません。中学生になった巧と豪は、新田東中学校の野球部に入部します。

中学入学後、自信過剰な態度で自分を通そうとする巧をうとましく思う野球部の先輩に目をつけられ、巧はいじめを受けます。そして、部室で複数の先輩にリンチを受け、それが表沙汰になり、野球部は謹慎処分を受けてしまいました。

その後、強豪校との練習試合が決まったんですが、その練習試合で全国区のバッターに全力投球をしません。それは、過去に自分の投げた球をキャッチャーがエラーして振り逃げされたトラウマがあるからです。それに怒った豪は、巧と衝突。純粋で未熟な少年たちが、周りを取り巻く大人たちの事情に翻弄されながら成長していき、バッテリー、チームとなっていく姿が描かれています。

 

2作品目は「 ハリーポッターと賢者の石 」 (著)J・K・ローリング

 

世界で最も売れた児童書シリーズであるハリーポッターの最初の作品です。

映画を見ていれば読みやすいとも思いますし書きやすいのではないかと思います。

 

あらすじは・・・

 

幼い頃に両親を亡くした少年ハリー・ポッターは、意地悪な叔父のダーズリー家に育てられ、孤独な日々を送っていた。しかしハリーの11歳の誕生日。ホグワーツ魔法魔術学校からの使いとして、ハリーの前にハグリッドが現れます。

そこでハリーは、自分が魔法使いであることをはじめて知ります。9月1日、 ロンドンにあるキングス・クロス駅から、ホグワーツ特急に乗ってホグワーツに向かいます。

魔法界で、うまくやっていけるか不安に思うハリーでしたが、 徐々に学校生活に慣れていきます。なぜか、スネイプ教授はハリーに陰険な態度で接する一方で、 寮監のマクゴナガル教授は厳しいけれど公正な先生で、ハリーに天性の飛行の才能があることが見初め、クィディッチの選手に抜擢します。

クィディッチの初試合では、何者かの呪文で、ハリーのほうきの動きがおかしくなります。スネイプが呪いをかけていると考えたハーマイオニーは、火事騒動を起こしハリーを呪文から解放され、ハリーはスニッチを取り試合は大勝利します。

クリスマスには、ダンブルドア校長から父の形見の透明マントを受け取るハリー。「みぞの鏡」の中に、両親の姿を見たハリーですが「幻影に囚われてはいけない」とダンブルドアに忠告されます。

ハリーは、ハグリッドがグリンゴッツ銀行の金庫から持ち帰ったある大事なもの (賢者の石)を、教授陣が校内のどこかに隠していることに気づきます。ハリーは、ヴォルデモートのためスネイプが、それを狙っていると考えます。スネイプから石を守るため、3人は協力してさまざまな防衛を突破。そして最後には、ハリーが単独で石の在りかにたどり着きます。

しかし石を狙っていたのは、クィレルでした。そこで、クィミイッチの試合で呪いをかけていたのも自分であったと明かします。スネイプは、ハリーを守っていたのでした。

クィレルは、ダンブルドアが置いた「みぞの鏡」の中から石を取り出すことができません。しかしハリーは、鏡の中に石を手にする自分の姿を見ることができ、それと同時に自ら石を手に入れるのでした。クィレルは、石を奪い取るためにハリーに襲いかかるのですが、ハリーに触れると焼けただれてしまいます。クィレルに寄生していたヴォルデモートは、石による身体の復活が果たせずに逃げ去ります。またしてもグオルデモートに、勝利したのです。

グリフィンドールは、寮の対抗杯で夜中に歩き回ったとして大量の減点を食らってしまいました。ダンブルドアは、「賢者の石」をめぐっての3人の知恵と勇気を称え、グリフィンドールに大量の追加点を与えます。

そして3人の規則破りの行動を止めようとした、ネビルの勇気に対しても点数を与えました。これによりグリフィンドールは、今年度の寮対抗杯を獲得したのです。

 

2作品をご紹介しましたが、どちらの作品も読むだけでも面白い作品なので、ご参考にしていただければ嬉しく思います。

 

ページの先頭へ