お知らせnews

自由研究

自由研究 おすすめ

2021年08月10日

今回はご家庭にあるものを使ってできる自由研究をご紹介いたします。

お休みの間に、お父様、お母様と一緒に取り組んでみてもよいかと思います。

 

 

小学1・2年生向け

 

【塩の結晶を観察しよう】

 

・食塩 100g~200g

・水  250g

・溶かすための器

・溶かした後の水を入れる器(黒っぽいものが良い)

・黒の折り紙もしくは板など

 

   ①器に水を入れ、食塩を溶かせるだけ溶かしていく。

   ②溶け残りが入らないように移し替える。

   ③移し替えたらしばらくの間放置する。

   ④出来た結晶を黒い紙などに移して観察しよう。

 

【まとめる点】

 

・250gの水にどのぐらい食塩が溶けたか。

・結晶の形や大きさを記録しよう。

・時間ごとに記録してみよう。

 

 

 

【リサイクルマークを調べよう】

 

・各ご家庭のお菓子やジュースのからなどについているリサイクルマーク

 

【まとめる点】

 

・マークの種類を絵に書いてみよう。

・どのマークが多かったかを表に書いてみよう。

 

 

 

【おし花をつくろう】

 

・身の回りにある花や草など

・新聞紙

・白い紙

・辞書など重しになるもの

・セロハンテープなど

 

   ①新聞紙に花や草をはさんで重して、数日置いておく。

   ②乾いた花や草を白い紙においてセロハンテープで止める。

 

【まとめる点】

 

・名前や、採取した場所、時間などを書いておく。

・どのくらいに期間、乾燥させたのかを調べる。

 

 

 

【水で楽器をつくろう】

 

・形や大きさの似たガラスのコップを7コ

・水(適量)

 

   ①それぞれのコップに水を入れる(同じぐらい)

   ②少しずつ量を増やしながらたたいて音の変化を確認する。

   ③ドレミファソラシドに合わせる。

 

【まとめる点】

 

・水の量で音にどのような変化があるのかを調べる。

・いろいろなコップで試してみて違いを調べる。

 

 

 

小学3・4年生向け

 

【家での仕事について調べよう】

 

・紙・鉛筆などの筆記用具

 

   ①家ではどんな仕事があるのか。

   ②仕事は誰がやっているのか。

   ③仕事にかかる時間はどれぐらいか。

 

【まとめる点】

 

・だれが、どの仕事を、どのぐらいの時間で行ったかを表などであらわす。

・24時間のうちでどのぐらいの時間が必要なのかをあらわす。

・平日と休日での仕事の違いや、時間の違いを調べて比較しよう。

 

 

 

【セミの抜け殻を集めよう】

 

・セミの抜け殻

・図鑑(図書館で借りてこよう)

・画用紙

 

   ①セミの抜け殻を仕分けしよう。

   ②図鑑で何ゼミなのかを調べよう。

 

【まとめる点】

 

・セミの抜け殻を見つけた日時、場所を記録しよう。

・形や大きさについても比較して記録をしよう。

 

 

 

【外国製品を調べよう】

 

・自宅にある、家電や衣類、食品

 

【まとめ方】

 

家電や衣類の表示をさがして、生産地を調べよう。

加工食品や肉・魚にも、原産国が書いてあるので調べよう。
国ごとや物の種類ごとに表にまとめたり、世界地図を使ってまとめたりしよう。

 

 

 

【塩を使ってアイスをつくろう】

 

・氷 1㎏

・塩 350g

・ジュースなど

・割りばしなど

・細い入れ物orポリ袋(輪ゴム)

・ボウル

 

   ①細い入れ物にジュースをいれて割りばしなどをさす。ポリ袋にいれて輪ゴムで止めてもOK。

   ②ボウルに塩と氷をいれてまぜる。

   ③ボウルに①で作ったものをいれる。

 

【まとめ方】

 

・固まる様子と時間を記録してまとめよう。
・温度計があれば、ボウルの氷の温度を計って記録しよう。
・塩をまぜる前の氷の温度も計ってみよう。
・なぜアイスキャンディーができたのかをまとめてみよう。

 

 

 

小学5・6年生向け

 

【ろ過実験をやってみよう】

 

・同じ形の空のペットボトル2本

・砂

・小石

・活性炭

・綿

・カッター

・ビニールテープ

・ガーゼ

・輪ゴム

・どろ水

 

   ①ペットボトルの口の部分にガーゼを固定する

 

   ②下から小石→綿→活性炭→綿→砂の順でしきつめましょう。

   ③泥水を流しいれる。

 

 

【まとめ方】

 

・ろ過する前とろ過したあとの違いをまとめてよう。いろ、においなど

・重ねる順序を変えた場合にどうなるのかを比較してみよう。

 

 

 

【通学路の標識を調べる】

 

・ノート

・筆記用具

・デジタルカメラ(あれば)

 

   ①学校までの通学路の標識を調べる。

 

【まとめ方】

 

・標識や公共施設などを地図にまとめよう。

・標識が何の意味を表しているのかを調べる。

・その場所になぜ必要なのかを考えよう。

 

 

【そめものをしてみよう】

 

・布

・染める材料(コーヒー、ぶどうジュース、カレー粉など)

・鍋(大きめがよい)

・お湯

 

   ①布が入る大き目のなべで湯をわかし、そめる材料をとかす。

   ②熱いうちに湿らした布を入れ、冷めるまで待つ。

   ③そのままかわかす。水洗いしてからかわかす。

 

【まとめ方】

 

・染めるものによっての染まり方を比較する。

・染める時間をかえてみてもよいかもしれません。

 

 

 

【太陽光でお湯をつくる】

 

・ペットボトル3本

・黒い画用紙

・白い画用紙

・セロハンテープ

・温度計

・軍手

 

   ①黒い画用紙で包んだペットボトル、白い画用紙で包んだペットボトル、包まないペットボトル     を用意する。

   ②同じ分量の水を入れる。

   ③日陰にならないところに3本を置く。

   ④時間ごとに温度を計測する。

 

【まとめ方】

 

・時間による温度の変化を表やグラフにまとめましょう。

・ペットボトルによって変化がある場合はその理由も考えてみよう。

 

 

 

自由研究 【台風について調べてみよう】

2021年08月06日

8月に入り連日暑い日が続いております。

 

天気予報を見ていると、台風の接近が話題になっています。

 

せっかくなので、台風について考えてみましょう。

 

台風の条件とは?

 

・熱帯低気圧である。

・北西太平洋および南シナ海で発生したもの。

・最大風速は秒速17.2ⅿ以上であること。

 

上記の3つの条件を満たすと台風となります。

 

まずは熱帯低気圧についてです。

 

低気圧はもともと上昇気流を持っています。そのため、海水が温められ水蒸気が上昇気流により上空に上がっていき冷やされて雲をつくります。これを繰り返していくことで低気圧が熱帯低気圧に変化していきます。最終的に台風に変化します。

 

 

水蒸気が必要になるので、暖かい海でなければいけないので、北西太平洋、南シナ海で発生することになります。

 

*○で囲んだあたりで発生することが多いようです。

 

そして進路はどうやって決まるのか?

 

・偏西風

・太平洋高気圧

 

この2つが大きく関係しているようです。

台風が発生すると北上を開始します。日本に向かう台風の場合は太平洋高気圧に沿って移動していきます。そのために時期によって進路が変化することになります。また、偏西風による影響も受けるようです。

 

【まとめ方】

 

・日本の地図に日ごとの台風の進路を書き込みましょう。

・インターネット等で気圧配置図を調べて書き込みましょう。

⇒台風が何の影響をうけて移動しているかがわかると思います。

・自分の住んでいる地域の毎日の天気を調べよう。(天気、雨量、風向きなど)

 

https://www.jma.go.jp/bosai/weather_map/

気象庁ホームページ 天気図

 

https://tenki.jp/guide/chart/

*日本気象協会 実況天気図のホームページ

 

などを参考にしていただければと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自由研究 【沈む1円玉】

2021年08月04日

8月に夏本番になってきました。

 

いかがお過ごしでしょうか?

 

今回はご家庭にあるものでできる実験をご紹介します。

 

準備していただくものは

 

・コップ

・1円玉

・食器用洗剤

・水(適量)

 

 

*画像では、使い捨てのコップを使用していますが、ご家庭にあるコップでかまいません。

 

①コップに水を入れて落ち着くまで待ちます。(100mlと200mlを準備しました)

 

②1円玉を浮かべます。

 

*慎重に行わないと入れた瞬間に沈んでしまいますので注意しましょう。100mlで3回失敗しました。

 

③食器用洗剤を1、2滴落とします。(1円玉に当ててはいけません)

 

 

*100mlの方は入れた瞬間に沈んでしまいました。水の量は多めの方がよいかもしれません。

 

【まとめ方】

 

・水の量や入れる洗剤の量によって変化があるのか試してみよう。

・洗剤以外のものでも試してみよう。(ラー油、サラダ油など)

・調べた一覧をつくってみよう。

・1円玉が最初はなぜ浮いたのかも調べてみよう。

 

【表の例】

水の量

洗剤

ラー油

サラダ油

墨汁

100ml

 

 

 

 

200ml

 

 

 

 

300ml

 

 

 

 

400ml

 

 

 

 

*各空欄には沈んだのか沈まないのか、また入れた量や気づいたことを書き込もう。

 

 

「 色が変化するアメーバジェル 」

2021年07月27日

今日は「 色が変化するアメーバジェル 」の実験をしてみました。

 

まずは、使用するものはこちら。

 

 

キット以外は前回同様、100円均一で揃えました。

 

実験キットのパウダーの中身は

 

ローカストビーンガム、グアーガム、シリカ、防腐剤、結着剤、色素が混ざっているようです。

 

パウダーを60mlの水に溶かします。

 

 

だまにならないように注意しましょう。来上がりがこちらです。

 

溶かし終わったら、15分程度置いておきます。

 

するとこのような状態になります。

 

 

ピンク色の状態が暖められた状態のようです。

 

冷たくなると紫色になります。

 

 

わかりにくいかもしれませんが、手で触れて温度が高くなると紫に変化します。

 

手に触れる感触が何とも言えず指で触ることにしました・・・

 

 

 

「 つかめる水 」

2021年07月26日

今日は「 つかめる水玉 」の実験をしてみました。

 

まずは、使用するものはこちら。

 

キット以外は100円均一で揃えました。

 

 

実験キットのパウダーは乳酸カルシウムとアルギン酸ナトリウムです。

 

ほかには、水、ぬるま湯、ボール、計量カップなどが必要です。

 

乳酸カルシウムを溶かした溶液を作ります。

 

常温の水を使用しますが、少しずつ水を加えて溶かしていくほうが良いと思います。

 

出来上がりがこちらです。

 

ボールが白なのでわかりにくいですが、溶け切った状態です。

 

次にアルギン酸ナトリウムを溶かしていきます。

 

こちらは溶けにくいので、ぬるま湯で少しずつ丁寧に溶かしていきます。

 

2種類の溶液ができました。

 

乳酸カルシウムの溶液の中、アルギン酸ナトリウムの溶液をスプーンでそっと入れます。

 

 

5分程度、中に入れたアルギン酸ナトリウムに触れないようにゆっくりとかき混ぜます。

 

すると、このようにつかめる水が出来上がります。

 

*今回はスプーンで入れるときに失敗してしまったので綺麗な形になりませんでした。実験する際にはゆっくり入れましょう。また、ボールは少し深めの方が良いと思います。

 

アルギン酸ナトリウムの溶液を乳酸カルシウムの溶液の中に入れると、表面が固まるという原理です。実験をするだけでなく、なぜ固まるのかも調べてみると良いと思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

自由研究 実際のキット

2021年07月23日

 

こんにちは。

 

以前ご紹介した自由研究のキットはご参考になったでしょうか?

 

今回は実際に違うものですが購入してみました。

 

下記が今回購入したセットになります。

 

 

 

価格はamazonさんで送料無料、1280円でした。

 

しかし、このキットだけでは実験はできません。

 

他にも用意するものがありました。

 

週末の間に揃えて、来週には実験結果をお知らせできればと思っております。

 

必要なものや実験のやり方は説明書に丁寧に書かれていますので心配はないようです。

 

自由研究のご紹介

2021年07月16日

高校野球の予選が各地で始まっています。また、東京オリンピック・パラリンピックも開催まであと7日になり、夏本番が近づいてきました。

 

それと同時に夏休みも近づいてきました。

 

夏休みの小学生の最大の敵は夏休みの宿題ではないでしょうか?

 

その中でも、なかなか大変なのは「 自由研究 」

 

最近では、自由研究のキットがいろいろと販売されていますので一部ご紹介しようと思います。

 

 

 

【 小学1・2年生向け 】

 

「 ミラクル万華鏡キットBOOK 」

 

 

難しい万華鏡作りも、キットを使えば簡単にできます。ビーズや付属のシートを入れ替えることで、毎回違った模様を楽しめます。

 

「 紙すき&寒天印刷キット 」

 

 

紙すき体験キットです。工作を楽しむだけでなく、紙を作る難しさや印刷の仕組みなどをすることができます。

 

【 小学3・4年生向け 】

 

「 アリの巣観察キット 」

 

 

定番ですが、アリの巣観察を、面白くしたキットです。使うのは、土ではなくゲル。中が透けて見えるため、巣の様子がしっかり観察できます。

 

「 ブロッコリースプラウト種子200ml(栽培セット付き) 」

 

 

数日で収穫できるブロッコリースプラウトは栽培するのにおすすめの野菜。このキットでは12~15回栽培できるため、条件を変えて観察することができます。収穫したものを料理に使えるのもグット。

 

【 小学5・6年生向け 】

 

「 触れる図鑑 つかめる水 」

 

 

水をつかむという不思議な体験ができます。疑問が自然と生まれます。楽しく実験ができるはずです。説明書もあるので、水が固まる仕組みも知ることができます。色を付けたりいろんなものを入れたりして楽しんでみましょう。

 

「 レモン電池を作ろう (自由研究おたすけキット) 」

 

 

身近なもので電気を作る実験ができます。レモンをはじめ、さまざまな野菜や果物を使って発電してみた結果をまとめてみるのもよいかもしれませんね。

 

*今回ご紹介した商品の画像はamazon様から転載しております。また、上記商品はすべてamazon様から購入できます。

 

 

 

*自由研究のキットがいろいろと販売されています。ご参考にしていただければと思いましてご紹介いたしました。

 

最近では、キットを使用した自由研究は認めていただけない学校もあるそうなので、ご注意いただきますようにおねがいいたします。

 

キット以外でも、ナスやプチトマトなどは玄関先やベランダでも栽培できますし、セミの抜け殻を集めることも自由研究としていけるのではとないかと思います。

 

ネタに困っていらっしゃる場合は、キットをご利用する。もしくは校舎担当にご相談いただいてもよいかもしれません。

ページの先頭へ