お知らせnews

勉強方法

勉強方法 【ノートの取り方③】

2021年07月21日

ノートの取り方第3弾です。

参考になればと思います。

 

ポイントは箇条書きにしてみよう。

 

聞いたことや、調べたことをメモする場合は箇条書きで書くようにしてみましょう。

下のノートに書かれていることを文章で書くよりも箇条書きのほうが効率もよく、確認もしやすいと思います。ポイントもつかみやすいので試してみましょう。

 

記号やマークを活用してみよう。

 

自分でルールを決めて記号やマークを書き込み活用しましょう。図のノートでは合同条件の前に㋢の記号が付けてあります。これはテストに出るという意味で付けてあります。△や☆などなんでもかまわないので自分のマークや記号を付けるようにすると、テスト前の見直しにも活用できると思います。*増やしすぎには注意しましょう。

 

ケイ線や囲み、吹き出しなどを利用して、ノートにメリハリをつけてみよう。図の中では囲みを使用していますが、自分なりにカスタマイズしてみよう。

 

ノート③

勉強方法 【ノートの取り方②】

2021年07月14日

 

 

第2回は数字を使い分けて見出しをわかりやすく。

 

見出しをつけるときは数字を使い分けてみましょう。

 

下のノートでは3種類の数字を使い分けて書いています。

 

3⃣・(1)・①というようにかき分けています。

 

また、書く位置も見出しによって揃えているので見やすいと思います。

 

自分のルールを決めて書いてみましょう。

 

ノートの取り方②

 

勉強方法 【ノートの取り方①】

2021年07月09日

今回からノートのまとめ方の例を確認していきます。

 

参考にしてみてください。

 

第1回はノートを区切る

 

ノートのまとめ方は人によって様々だと思います。

 

なかなかノートがまとまらない場合には書く場所を決めてしまうことも一つのパターンです。下のページでは、

ページを

  【タイトル欄】【授業の内容欄】【メモ欄】【まとめ欄】

の4つに分けています。

 

【授業の内容欄】には板書の内容を、

【メモ欄】には気になったこと、質問することなどを、

【まとめの欄】には自分の気がついたことを書いておきましょう。

 

4つに区切らなければいけないわけではありません。自分の使いやすいよう区切るのもよいと思います。

 

ここをクリックすると例が載っています。

ノートの取り方①

 

 

ページの先頭へ